【感謝】二浪三留で大学卒業できました。【報告】

ニートのボクが働く理由、労働に求めるメリットを整理し直す【めうの就職日記Part32】

サムネイル

 

 

既卒内定ありアラサー職歴無しのめうにんげんです!

こんばんは!

 

 

ニート生活のメリット

 

実家暮らしニートで得られるのは

 

  • 生活維持に金がかからない(在宅特権)
  • 働く時間が無い=自由=「義務感」0

 

 

それ以上に働く効用があると考えたから

働くのです。

 

働く効用とは何か、改めて整理したパタ

 

 

・金

 

金だろ普通に(江ノ電自転車撮り鉄二木)

金だろ普通に(江ノ電撮り鉄)

 

働けばニート生活を続けるよりも金を大幅に手に入れることができる。金は一人暮らしを始め多くのもの・ことを実現でき、幸福(効用)に直結する。

 

年収は800万円まで増えれば増えるほど効用があがるとされます

 

めうにんげんの人生の評価の指標は概ね幸福(効用)パタ

つまり、幸福を増やす行動をするのは人生の基本的な「答え」パタ

 

・一人暮らし

 

上でも書いたが筆者にとって一人暮らしはものすごく大切なので改めてかきました

 

・親に頼らなくなる

 

オレは大人になってからもいつまでも巣を飛び立たず餌を面倒みてもらっている鳥を知らないンだわ🧙‍♂️

 

・技術

 

私が将来完成をさせようとしている「仕組み」には技術力がいるンです

「仕組み」────────────労働時間からの救い。

だから人生では技術を学ぶことから避けては通れないんですが────────────

 

 

御社で働くことで金やその他を得ながら

技術力を得られる

なんてすばらしいのかしら~👼

 

 

なお、たまに「仕組み」の内容を聞かれるんですけど

これは言えないんじゃなくて

現状何もできてなく構想しているだけなのにペラペラかたるのが恥ずかしいからです(*ノωノ)

できつつあれば話します

 

・経験値

 

↑で書いた技術を除いた,社会人生活や仕事から得られる力のこと。

 

人間の社会でもまれる経験が欲しい

アイラブ闇金ウシジマくんだから

(ウシジマくんを読んでいると人間社会をかいくぐる力の必要性を感じる)

 

・経験

 

旅行みたいな効用(楽しさ)。

飽きるまで経験から効用は得られる。

 

ずっと社会人生活をしてみたかった

ウシジマくんを読んでいると、人間社会をかいくぐる過程が楽しそうに感じンだわ

 

 

ウシジマくん「テメエらには吐き気がするがこの街が気に入ってるからに決まってんだろ?」

こういう心境パタね

 

・経歴

 

信用、信頼、説得力みたいなのに影響を与えるでしょう。

 

 

・紐帯(人間関係)を構築

 

ニートでは不可能ではないが困難、社会人の方が明らかに可能性が広がっている

 

・御社を中心とした人間関係

・会社外でも社会人はとりあえず「舐められ」ない

 

 

オラは人間関係は友人・恋人・知り合いの3つが満たされたときに

「満足」すると思っていて

知り合いは社会人生活が得意な分野、高確率で充実させられそうな気がすっぞ!

 

・‟勲章”(尊厳)

 

就職活動を通じて御社に認められ、採用された。就職活動から逃げなかったという‟勲章”。

すでに半ば得ている。尊厳の確立のために入社後はほどほどの成果を出したい。

 

・「正しさ」

 

社会的な身分、地位を得られる。

 

それに伴う「居心地」(精神的効用)は、30歳へ向けたニート生活を続けるよりはどれだけいいか

 

 

・先立つものが無い者には資格は無い

 

闇金ウシジマくんの人間学の生活保護くん(佐古)の記事を参考

なんとなく察して(ピエン)

 

 

・(おまけ)やりがい?

 

そんなものはない。

 

・・・・・・まあ無いはいいすぎかもしれない。職務を通じた楽しさも、学生時代のバイトよりは感じられるだろう

が、多分、その存在感は↑であげたものたちに大きく劣る。

 

なお、就職活動で↑であげたものたちは多分一度も主張しなかった。

やりがいは主張した。

御社でしかできないこととか、働くやりがいを主張しないと受かり辛いのである🙃

 

 

幸福度でニート生活と社会人を比較しよう!

 

社会人で得られるものを色々書いてみたけど

まあ、実際のところ

ニートと単純な幸福度を比較して、すごく社会人が勝っているわけではないと思っている🥲

 

ニートのメリットのうち

「義務感」0の生活を失うデメリットはあまりにも大きい。

眠たいときにも働きたい気持ちじゃないときにも

平日で会社に居たら働かなければならん。

 

社会人にいっぱいメリットはあるけど,このデメリットが強烈すぎてトントンですね🙃

 

・・・・・・

 

ところで、幸福度を-3 -2 -1 0 +1 +2 +3

の7段階にわけたとして、

オレは今、上から3番目の+1だと思ってる

 

幸福度1(ラーバモス)

 

幸福度+1 ラーバモス

 

 

幸福度2(グレート・モス)

 

働いても幸福度にほとんど変化はないけれど

‟ある条件”を満たして+2────────────

 

幸福度+2 グレート・モス

 

 

幸福度3(究極完全態グレート・モス)

 

「仕組み」の完成で、「よつばと」みたいな生活になったら+3だと考えている。

 

幸福度+3 究極完全態グレート・モス

究極完全態グレート・モス

 

 

 

そこからさらに進化して

タワマンを手に入れ,好き勝手世界一周船旅行とかできるようになれば

きゅうきょくキマイラだ(幸福度は変わらない)

 

 

社会人になることは直接幸福度を大きくあげないけれど────────────

 

 

いつか究極完全態グレート・モスになるために

はたらく(=平日を全て御社に捧げる)のです。

 

 

・・・・・・

 

 

社会人になってつらいときもこの記事を見返せば

 

働く効用を思い出して

働くことを継続できる…

かもしれない。

(スーパーマリオRPGのベローム神殿のおみくじ)

 

 

いつまで働く?

 

 

効用が減り、平日占領のデメリットが目立ち、最低でも1年3か月が経過し、技術的な自信や成果物(ポートフォリオ)ができたら

私の熱い転職活動(テンカツ)が始まります。

フフッヒ☆

 

 

最後に

 

なんか既視感あるなと思ったら前にも同じ記事書いてました

 

まあ意味わかんない記事だったしいいか

 

 

 

あなたの好きな あたしになりたい

星空も キラキラするくらい

 

クルクルLovely Day!!!/U

 

・・・・・・

今日の授業は終わり!また来てね☆

コメントを残す