【報告】めうにんげんダイアリーの意識を下げます。【重要】

【新神戸】12月の布引の滝・布引貯水池を散歩した!

 

 

めうにんげんダイアリーへようこそ!

こんばんは!

 

今日は私の宿の最寄りの新神戸駅から

布引の滝・布引貯水池・ロープウェイ風の丘中間駅まで散策したので

写真を残していくぜ。

 

 

新神戸駅・布引

さて、散歩を開始はじめよう

 

写真の右の施設は新幹線の新神戸駅だ。

 

新幹線のぞみを降りて、いきなりハイキングを楽しめるのが神戸の魅力だと思います。

 

 

 

手ぶらで来たので特にきつくはなかったです。冬ですしね

 

新神戸駅を出てから5分も経ってないが

早くも山歩き(登山)の様相を呈してきた。

 

 

うっすらと新神戸のランドマークである「ANAクラウンプラザホテル」が見える

 

 

 

新神戸駅を出てから10分もしないうちにこの景色が見られる

 

 

ここは日光か何か?そう思われる方もいるかもしれないが

ここは兵庫県神戸市。かつて日本の五大都市の一角に数え上げられ、

今なお150万人の人口が所在する日本有数の都市だ。

 

 

その大都市神戸の新幹線停車駅・新神戸駅から

歩いてすぐの場所である

 

 

布引の滝だ

 

 

布引の滝。

新神戸北口の布引の山麓散歩(登山)道のメインスポットだ。

 

 

滝の魅力って中々写真では伝わらないよな

 

 

この雰囲気・視界・感覚

そして滝の音が伝わらないパタ

 

 

 

滝の音は答えですからね

 

┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨

 

ってかんじで

 

 

 

────────────

 

さらに布引の滝から登山を続けた。

 

みはらし台

 

 

神戸を見晴らす

 

 

 

3年前に布引の滝に行った時は

このみはらし台までで引き返したが

今回は更に上に進むことにした

 

 

布引の滝 上から見るか

 

真ん中に小さいベンチが見える。布引の滝を座って見られるベンチだ

 

新神戸や三宮がはっきり見渡せる。雲の切れ間から差し込む陽の光が綺麗だと思った

 

 

みはらし台からしばらく歩くと‟布引貯水池”だ

 

 

猿のかずら橋

 

 

 

──────

 

布引貯水池に到着した。

 

この布引貯水池はダム湖で、布引の滝を上流でせき止めている。

 

 

あー静かでいい!

 

 

北海道の屈斜路湖や摩周湖のようだと思いました

 

 

人は誰もいないし──────

 

静かに、ダム湖の波の音がこだましていた。

 

水面(みなも)は静かに揺れている

 

 

寒すぎないけど冷たい空気に、静かで心が癒される大自然の布引貯水池よ。

 

こんな気持ちになりました

 

 

・・・・・・

 

 

木漏れ日の中には 今日も頑張る君

 

眩しく見える それだけで幸せだけど

 

勘違いしないで 努力したいって自発的

 

 

階段を登った先には──────

 

閉ざされているのは猪対策です。右の門は開きます

 

布引ハーブ園の入り口があった。

 

風の丘 中間(ちゅうかん)駅

 

風の丘中間駅だ。

 

新神戸駅からは布引ハーブ園山麓駅までロープウェイが出ている。

この風の丘中間駅はその中間にある駅だ。

いつの間にかこんなところまで登っていた。

 

布引ハーブ園が傾斜に設置されているのがわかるだろう?

 

布引ハーブ園はこの風の丘中間駅から山麓駅まで続いている。

 

・・・・・・

 

私は布引ハーブ園まで散策してもいいと思ったが

ここから更に登るのはリーズナブルではないと判断してやめました。

普通頂上まで行ってそこから降りながら見学しますよね。

登りながら観るのは…

頂上まで歩いて、帰りロープウェイで下るのは「アジェンダ」じゃないですね。

 

 

なので、布引ロープウェイで山麓へ行く→布引ハーブ園を下りながら散策→帰る

は、後日また行うことにした。

 

今日のところは中間駅から歩いて帰ることに。

ロープウェイは使わず。登った分帰りの下り道を楽しみにしていたので🙂

 

布引貯水池をなるべく楽しみたかったので遠回りして帰った

 

 

 

安全・安心・安価で安定的な水道

 

 

この女の子が水を飲んでる画像

なんか適当だなぁ…

 

 

 

誤植もあるパタ(;´・ω・)

(水道はペットボル1本あたり0.6円)

 

 

 

こうして私は帰ってきた──────

 

おわり!

 

所用時間はパタ?

 

 

意外と2時間くらい歩いてたんだな

全然疲れなかったけど

手ぶら散歩は楽しいね♡

 

 

 

以下、余談

 

・布引という地名は歴史的な地名で、散策路の至る所に布引について詠まれた歌碑がある。

 

 

・若い人は普段着、お年寄りはバッチリ登山ウェアとはっきり分かれていた。

ぼくもシャツにフリースを着て歩いていた。

もともとフリースは雪山用の防寒具だからいいかな😌

 

 

・布引ロープウェイは赤字でしょうな…

ロープウェイ乗り場のすぐ近くに住んでいるけどいつも空いているので。

 

 

関連記事

 

(新神戸生活の記事)

 

これからの時代フィーリア「孤独感」の逆が大事じゃねェ?

仲間と知人と恋人を大切にしねェーとよ!

 

めうにんげん

 

・・・・・・

 

今日の授業は終わり!

また来てね!

 

 

 

コメントを残す