【報告】めうにんげんダイアリーの意識を下げます。【重要】

「嫌いな歌詞」を語ろうと思います

 

 

めうにんげんダイアリーへようこそ!

こんばんは!

 

 

歌詞好きでブログでも好きな歌詞を度々引用している筆者ですが

今日は敢えて「嫌いな歌詞」について話そうと思います。

 

 

君(きみ)

 

恋愛系の楽曲で頻出なのですが、普通いとしい人を「君」という人称代名詞で呼びかけないから。と、毎回「君」という歌詞が出てくるたびに思ってしまいます。

 

多くの場合で、恋愛系の文脈で「君」というのは不自然な人称代名詞の使用に映ります。

 

 

自然な人称代名詞の使用例として挙げますと、ヴィランに対して「奴ら」というのは自然なんですよ。

 

(例:「油断大敵!ヤツらも甘くない

毎日が勝負!平和を守るのです」

ダブル♪SHOOTING☆ぱるちゅ!!/あべにゅうぷろじぇくと feat.佐倉紗織&白沢理恵 より

 

 

また、「君」がだれであってもいい文脈ならそれでもいいのですが。

 

(例:「君の手で切り裂いて 遠い日の記憶を」

メリッサ/ポルノグラフィティ より

 

ただ、恋愛で「君」はちょっと・・・😕まあ例えばですよ。あなたに好きな人間や交際している人間がいるとしよう。

その人の事を「君」とか人称代名詞で頭の中で呼びかけますか?という話ですね。

トラブルの主人公が頭の中で「春菜ちゃん!!」じゃなくて「君!!」とか言ってたらおかしいじゃろ~?

 

まあ仕方ないですけどね。

日本語にそのいとしい相手限定人称代名詞がないんだから。

ドイツ語のDuっていうのは親しい間柄でしか使わないらしいですね。こういうのがあればいいんですけどね。

(ドイツ語詳しくないので違った認識ならソーリー)

 

 

「君」の現実(リアル)離れした距離感は違和感を覚えるが、もちろん、使わざるを得ないのは承知しています。

承知していますが、「君」を回避している歌詞はその時点でやりますね~って思う。「岡田くん」とか。

 

 

 

楽曲例:「Aqua Voice」 他多数

 

「彼」も距離遠いと思いますが、彼は君よりは現実(リアル)なのでまだいいと思います。ってか君って二人称使う場面現代だとほとんどなくないか。なんか高圧的に聞こえてしまうよな。

 

楽曲例:「あたしらしく!(Funczion SOUNDSの楽曲)」

 

 

なお「あなた」は結構好きです。あなたは普通に使いうる二人称なので。

 

好きだったのよあなた 胸の奥でずっと♪

 

教科書に載ってない

 

誰だよ。このフレーズが出てくるたびに「いや誰だよオメー」という気持ちになります。

なぜでしょうね?聞き手がガリ勉であり、またガリ勉が望ましくないという2つの前提のもと陽キャ的世界観を展開させるフレーズだからですかね🤔

あと使い古されてる感や、現実で使わない日本語であることも違和感の原因だろうよ。

 

楽曲例:「魔法をかけて!」「恋をしましませ。」「恋のヒメヒメぺったんこ」ほか

 

 

・・・・・・

 

他にも思い浮かんたら続きます!

 

・・・・・・

 

 

 

今日の授業は終わり!

また来てね!

 

 

 

 

 

コメントを残す