陰キャラ大学生ですがハーフパンツ(半ズボン)(短パン)は履いたほうがいいでしょうよ

half pants.

 

非常残酷人間

「皆様、ご無沙汰しております。

二浪一留文系専属大学生の、非常残酷人間と申します。」

 

 

私は1年前まで頑なにハーフパンツ(半ズボン)(短パン)を履くのを拒んで参りました、しかし、私は今年の夏からハーフパンツを履き始めた結果病みつきになり、もはや今ではハーフパンツ無くして夏を過ごせないレベルとなってしまいました。

むしろ今まで何故履かなかった、というレベルです。で、私はこの記事でハーフパンツの様々な側面を分析し、そのもたらす効用の偉大さをとくと語ることとします。なお対象はどうせ陽キャラの方は履いてるでしょうし、陰キャラ、なかんずく「ぼっち」の方を対象に話を進めさせていただきたいと思います。モデルを単純化するために。

「ぼっち」以外の方がほとんどでしょうが、そんな皆さんは私の「ぼっち」に向けられたこの文章を読んで示唆を受けていただければ幸いです。

 

ハーフパンツは単純に涼しい。合理的である。

暑い暑いとセンスぱたぱたさせる日々とすぐにおさらばできる。

冷たい。涼しい。最高💓

 

当たり前ですが。

 

しかしこれを履かないのはぼっちの矜持にかかわる。

 

合理性を求め、「ウェーイ(DQN)とかゴミだろw(私はそうは思わないが。リア充行動の有用性を認めつつも様々なコストを私という一個人が比較検討した上で選好しないだけなのだが)」みたいな発想をしているくせに合理性の塊であるハーフパンツを履かないのは明らかな自己矛盾に直面し、ついには自分ぼっちがウェーイを憎んでいるのは単なるすっぱい葡萄であるとの結論に至りかねない。ぼっちの矜持を守るためにもぼっちは必ずハーフパンツを履かなくてはならない。

 

だって、合理性の塊なんですよ。ハーフパンツは。涼しくて気持ちいいから。

冷静に考えてみてください。夏場にあえてハーフパンツではなく、長ズボンを選択する理由ってなんかあるんですか?ないですよね?明らかに機能性は劣っていますよね?足の肌弱い・日焼けしたくないとかいう理由があるなら別ですけど、多分ないですよね?

そう。非合理の塊なのだ。夏場に長ズボンは。それをぼっちなのに選んではいけないのだ。

「ふ、ふざけるなあああ!(オラァ!)」みたいな感じで殴りかかってくる方もいるかもしれないが、剣を収め冷静に退団してほしい。私にはわかる。その理由が。

ハーフパンツが明らか合理的であるのに履かない理由は大きく分けて2つあると思います。

 

  1. 恥(はず)かしさ
  2. ハーフパンツがどこで売っているかわからない

 

 

1.すね毛

皆様の最大の悩みはこれでしょうよ。 私もそんな風に考えていた時期がありました。短パン小僧というように、子供ならまだしもすね毛の生えた紳士淑女がそれを見せてはいけないんじゃ無いかと…

 

だがそれは違う。

一度履いてみてください。周囲はあなたのすね毛なんて誰も気にしてませんから。

じゃああなたは今までの人生ですね毛が濃かった人を2人と思い出せるというのか?

 

実際、僕の場合ですが、周囲には僕より全然濃い人も平気で履いているし、僕も一度ハーフパンツを履けば全く気にならず、むしろその快適さにやみつきになってしまった。今まで何を気にしていたのか逆に疑問と恥ずかしさで頭をもたげた。

どうしてもという人はなんか除毛クリームとかあるらしいので使ってみてはどうでしょうか。私は気にしないのですが。

2.ハーフパンツを売っているところ

GUとかゾゾタウン(クポーン込み)で500円〜1000円で売ってますよ。神。

ユニクロでも2000円くらいで売っています。

これでハーフパンツを履かない人の課題は解決されました。

ジム(メリットその他)

僕はジムに通っているのですがいちいちハーフパンツ持ち込んでロッカーではき替えるの面倒なんですよね!

サラリーマンとかなら仕方ないが学生の特権というところでそこの手間は存分にズボラに省略させてもらいましょうや。

ハーフパンツのデメリット

ハーフパンツも最強無敵ではなく、デメリットが存在します。それはわたくしが先ほどあげたようなちっぽけな恥かしみの悩みなどではない。

火傷

それは火傷を負いかねない ということに尽きます。「はあ」って思われるかもしれないが、実際、街では灼熱の手すりや鉄鎖やガードレールが待ち受けていますし、

私はバイクに乗るのですが、ことバイクライダーにとって自体はさらに深刻なのだ。なぜなら乗り終わって降りるときマフラーやエンジンはマグマの如く熱を帯びています。まあ普通気をつけていれば大丈夫なんですが、問題は駐輪場に停めるときです。駐輪場に停める際、よそのバイクも降りたてだとまだまだマフラーがアチアチである可能性があります。その際、従来の長ズボンではなんともなかった場合でも、我々短パン小僧はそのアチアチマフラーに触れ、足を火傷してしまう可能性は否めません。というか、私はしました。皆様も気をつけて下さい。

また、足がカ(蚊)に刺されるというのは見逃せないデメリットです。

このようなデメリットも一応はあります。

感想

とはいえ、全体的にハーフパンツを履かない理由はもはや無いことがわかりますでしょう?

恥じらいか、持ってないか、どっちかです。恥じらいなら何の問題も無いことを解説しました。持ってないならGUかZOZOTOWNで買ってくださいと、購入方法についてもきちんと記した。

皆でハーフパンツを履きましょう。

余談(服を着るならこんなふうに)

 

ユニクロとhinesのステマ感はしますが↑はメンズファッションの王道「きれいめカジュアル」を目指すうえで非常に役立つ本です。

ただ、夏場はどうすればいいのか。私は1巻しか読んだことが無いが、夏場のファッションやハーフパンツは出てこなかった。

気になります。夏場、ハーフパンツがどのような扱いか。まさかハーフパンツを「半ズボンとか!お兄ちゃんありえない!!」的否定はされないだろうよと思うが…

夏場の巻があったら是非買って読んでみたいと思った一瞬でした。

コメントを残す