YOKO先生の名作、Web漫画版「痴漢男」を10年ぶりに読みました。

title image.

meu_ningen

皆様、ご無沙汰しております。最近大学院の個別出願資格審査に落ちた発達障害・精神疾患・大学中退のめうにんげんと申します。

 

 

痴漢男

~ものすごい勢いで痴漢に間違えられた~

 

※以下、ほどほどにネタバレ注意!

 

※この記事はかきかけの記事です!

もう1週読んで更新したいです。

Web漫画版「痴漢男」について

 

meu_ningen

最近、

「痴漢男」

というWebまんがを読みました。

 

「痴漢男」について

「痴漢男」とは、2ちゃんねるのニュー速VIP板において立てられた「ものすごい勢いで痴漢に間違えられた」スレで繰り広げられた一連の恋愛相談・ストーリーのこと。または、その主人公。

Web漫画版痴漢男はそのスレの内容を漫画化したもの。

 

今のアラサーから上の世代の方なら「電車男」をご存じの方も多いと思います。痴漢男は、まあ、電車男みたいなものです。

ですががっかりしないでください。僕は原秀則先生により漫画化された電車男よりも、YOKO先生によるWeb漫画版痴漢男のほうが好きですから。

 

いや、原先生の電車男が悪いわけではない。原先生の漫画では冬物語が好きです。冬物語はバブル時代の大学受験浪人漫画です。僕も浪人時代読んでました。話を元に戻そうか。

おおまかなストーリー

主人公が痴漢に間違えられた結果、美女たちと親しくなり、色々と楽しい時間を過ごす青春ストーリー。

これだけ切り取ると美少女ゲームのような空想的恋愛のように思えますが、痴漢男の魅力は女の子たちの行動の生々しさにあります。後述します。

 

作者

作者のYOKO先生は現在商業漫画家として活躍する横田卓馬先生その人です。

 

先生はほかにも「オナニーマスター黒沢」という傀作をご連載なさっておりました。この作品についても後程いろいろと語りたいです。

 

 

meu_ningen

僕…僕…

YOKO先生のことが好きなんです!

 

YOKO先生は、らき☆すたの泉こなたをいじめるスレ(仮名)でも漫画を描いていました(多分)。00年代の2ちゃんねらーの間では知っている方も多いのではないでしょうか多分。

 

 

さて、僕がなぜ今のタイミングで「痴漢男」を読んだ?↓

僕と痴漢男

そもそも、2019年(令和元年)8月、滝川クリステルさんが小泉進次郎さんと結婚したんですよね。

 

で、名作「オナニーマスター黒沢」のことを思い出し(滝川マギステルというキャラクターがヒロインのため)、さらに発展して同じ作者のYOKO先生が書いていたこの「痴漢男」の漫画版を思い出し、久々に痴漢男でググったらなんとインターネットの海に復活してたんですよ。

この失われた聖典が。長らく痴漢男の漫画版はネットから姿を消してたんです。それが、ニコニコ静画というサイトに全部復活しておりました。嬉しかった。

で、久しぶりに読んでみたわけでございます。

 

実は僕、はるか昔、小学生くらいの頃痴漢男を読んでたんですよ。律儀に途中のとあるキャラクターとの性的なシーンは飛ばしたりしていました。サイトにはここから先はR-18って程ではないですが、一応R-18としておきます。みたいな但し書きがあった記憶。ちゃんと守りました。でも中学生のころに痴漢男のサイトを知っていたら多分読んでたと思います。

当時はロリ巨乳の「なにか、しないんですか」の意味とか全く分からなかったな~。

 

痴漢男の魅力

 

ヒロインが全員生々しい!

痴漢男はヒロインたちが非(ry)だったり、勘違いさんにあっさり振られたり、メンヘラ化するロリなど妙な生々しさが魅力でしょうよ。

 

勘違い・すれ違い・仲違い・駆け引き・焦り・やせ我慢(ができない)。といっても、他者を貶めるような行動を取る人物はいないのですっきりした気分で見られます。報われないヒロインはいますが。

 

00年代、って感じの雰囲気いいですよね!

よくないですか?

 

ガラケー、メールセンター問い合わせ、WindowsXP、電車男ネタ(「大人のキス」など、そもそも「痴漢男」自体が電車男のパロディー)、イラク、オレンジレンジ、トリビアの泉・バカ殿などをはじめテレビに関する会話がかなり多い、一般人はPCを持ってない、一般人はネットスラング(中の人、クオリティなど)を知らない、実家にはネット環境がない、マイケルジョーダン、秋葉原にドン引きするヒロインたち…

 

 

僕が生まれ育ったのはこの空気感の時代なんですよ…

 

00年代の空気感大好き!

作中には出てこなかったけど、小泉純一郎さんとか、ホリエモンとか、こういう空気感が大好きです。

 

もしも違う星に移り住んでも、

アキバに、買い物をしに、来るよ…

って感じで

 

パロディの多さ

これはYOKO先生の作風で、賛否が分かれるかもしれない。

デスノートネタは「痴漢男」と「オナニーマスター黒沢」のどちらでも見られます。YOKO先生のデスノート愛を感じる。僕もデスノートは大好きです。

 

 

痴漢男のキャラクターについて

痴漢男(痴漢)

主人公。誰とも付き合ったことがなく、友達もいないぼっち大学生なのにコミュニケーション能力がかなり高い。この点は巻末の「人気投票」でも指摘されていた。

 

「誰が一番早くチュッパチャップスを舐め溶かせるか」大会で2位になるほどの実力を持つ。

趣味はVIP。自身の恋愛や性体験、好きな人の身の回りの人間関係まで余すところなく報告する。サチコ(セクシャルヒップ)の発覚を気にしていたが、それよりこっちがバレる方がまずくないか。というか後日、モデルとなった女性たちに発覚して裁判を起こされたみたいな後日談があったような気がする。いや、多分釣りだと思いますけど。

 

勘違い(カンチ)

「とってもいい人で信頼できるけど、全然男としては違うよ

好みじゃない」

 

すべての始まり。

後半は無邪気でおしゃべりな天然キャラになった。

 

関西

関西要素はどこ?

友達(ロリ巨乳)を振った主人公に説教をしたり、義理人情に篤い。スクールデイズの甘露寺みたいな人(甘露寺みたいな陰湿さはないですけど)。

 

ロリ巨乳

「なにか

しないんですか」

 

色々と不憫な人。

 

ぼくの好きなキャラはロリ巨乳です。

キャラデザがかわいいから。

 

ヤマオカさん

かなりの空気。ドラえもんの第1話夢の町ノビタランドに出てきた幻の仲間がレギュラー化したかのような人。しかし人気投票では主人公以上の4位。

 

サチコ(セクシャルヒップ)

主人公が飼っているオナフォ。時々、主人公を慰めてくれる。

 

メガネ

通常はこの人とフラグがたつだろうよ。

コメントを残す