【最終日】東海道原付旅!静岡市から横浜市まで

非常残酷人間

「皆様、ご無沙汰しております。大学4年にして休学中のADHD大学生非常残酷人間と申します。」

↓本記事。

大学生が50ccの原付で関西(神戸)から関東(横浜)までの500km行ってみためう

↓2日目の記事の続き。

【2日目】東海道原付旅!亀山市から静岡市まで

 

↓初日。

【1日目】東海道原付旅!神戸市から亀山市まで

ルートについて

静岡市から横浜市までのルート。

静岡県・神奈川県

ひたすら国道1号線を行く。箱根経由。

静岡県から神奈川県方面へ出るにはいくつかの選択肢があるのですが(246号線御殿場経由、135号線熱海・湯河原・真鶴経由など)僕は王道を行く1号線箱根峠ルートを選択。

 

非常残酷人間

「それでは本編、行ってみよう!」

 

 

非常残酷人間

「道路ごとに書いた方がこちらはうまくいく感じなので道路ごとに書きます。」

 

非常残酷人間

「この日は7時に出発。それにしても快活クラブ楽しかったです。また是非行きたいです。モーニング美味しいし。学割おいしいし。」

東海道(静岡市)

朝のドライブは本当に気持ちがいい。ただこの日はちょっと寒かったです。最初はそれも気持ちいいんですが、この日は肌寒く箱根辺りでがたがた震えることになってしまった。

空いている東海道を悠々ドライブして…

富士由比バイパス(静岡市・富士市)

様々な原付旅サイトで恐怖を煽り立ててくれる富士由比バイパス・・・

僕も相当身構えてました。

 

たしかに流れは早く恐ろしいです。ただ、静岡県内のどのバイパスもだいたいそんな感じですし、私としては昨日の夕方の磐田バイパス(袋井バイパス?)や、夜の掛川バイパスの方が恐ろしかったです。

 

 

今日の富士由比バイパスは通ったのが朝で幸いでした。

 

富士山も海も綺麗で、個人的にはそこまで相対的に恐怖の印象は強くないバイパスでした。

海沿いのさった峠区間を抜けると、道の駅富士があります。そこで一休み。

非常残酷人間

「余談だが道の駅って原付で立ち寄ると大型だらけでくっそ肩見せまい」

沼津バイパス(沼津市・駿東郡清水町)

この頃にはバイパスにも慣れてきた。

国道1号線(三島市・田方郡函南町)

三島市や函南町を経て、ついに神奈川県の箱根町へ!!

神奈川県側からこの道を下ったことはあるのですが、逆は初体験でした。

箱根峠(神奈川県足柄下郡箱根町)

ちょっとだけ箱根を観光した。道の駅箱根でゆっくりしたり。温泉入ろうとして結局入らなかったり。

箱根は天下の険ですが49ccバイクでも全然大丈夫でした。

箱根駅伝のルートに感動しながら下山。

国道1号線(小田原市・中郡(二宮町・大磯町))

箱根以降は1車線が続く。この区間は箱根駅伝でおなじみのルートだ。

 

1号線は自転車ライダーがいっぱいいた。バイクは全然流行ってないのに・・・(道の駅にいた大型のライダー達はおじさん、おじいさん?ばかりだった)

なんで自転車はこんなに流行ってるの?

平塚市・茅ヶ崎市・藤沢市

この頃は旅の終わりが見えていて、僕の心はやっと神奈川県に入った!もうすぐゴールだ!!的な嬉しさよりも、

こんなに楽しくて刺激的な旅が終わってしまうことへの喪失感でいっぱいだった。

横浜市

……

…………

横浜市に到達!!

残りの道

家まで、とにかく無事故・無違反に心がけた。ここまできて、最後に事故や違反をもらったら台無しだと。最後の集中力を振り絞った。運も味方し、幸い何も起きなかった。

いつもの地元、原付で運転していることに感動した。ゴール(家)近くではあとここさえ通せば終わり!みたいな感じでカウントダウン的なことをしていた。

 

小学校の時の通学路に立ち寄ってみた。ここを通るのは何年ぶりだろう。

ほとんど道は変わっていなかった。が、原付に乗った僕はかなり徐行していたがあっさり通学路を終えてしまう。大人になると街が小さく見えるって本当なんだな。というか、子供の頃は大きく見えるものだな。(※)なんて考えた。

(※)ドラゴンクエスト5では、主人公が成人すると街が小さくなる

 

僕はひたりながらウイニングランを終了し、家に着いた。

 

原付を自走し地元へ運ぶ任務。伊賀や愛知県では何度も後悔したけれど、今は自走を選んで本当に良かったと思った。本当に楽しい旅だった。

 

 

末筆にはなりますが、ツイッターでいいやメッセージをくれた皆さん、おーぷん2ちゃんねるのなんj(おんj)で僕が立てた拙いスレで相談や実況に乗ってくれレスを下さった皆様、この場を借りてお礼申し上げたいと思います。ありがとうございました。

 

 

到着後やその後については

大学生が50ccの原付で関西(神戸)から関東(横浜)までの500km行ってみためう

こちらの本記事でご覧ください。

コメントを残す