ニートのクリスマス(Let me Ⅼove you) 2019年 12月25日(水曜日)

My breakfast

meu_ningen

皆様、ご無沙汰しております。

初めて1年間を引きこもりで終えためうにんげんと申します。

 

 

副題は最初「二人のクリスマス」(名作「School Days」で、言葉とクリスマスデートをするエンドで流れる楽曲。アニメでも流れる)にしようと思ったんですが、

よく考えると言葉も誠もアジア人でどう見てもキリスト者ではないのになんでクリスマスを祝ってるんだ…?という疑問が頭をもたげたため、同じくSchool Daysの曲の「Let me Love You」(ゲームでもアニメでも言葉が澤永に襲われたあと、フォークダンスを誠と世界がする場面で流れる)にしました。

 

 

 

令和元年のクリスマス ~Let me Love You~

1時

今日は早寝をする。

 

7時半

ここ数か月ではかなりの早起き。予定のない日ではめったにない早起き。

この早起きは生かさねばな。

 

8時

30分ほど布団を出たくないのでもそもそする。

 

反省1:「5秒ルール」を発動し、さっと起きよう。頭を「馬鹿」にし、即洗顔をしよう。

 

8時半

30分くらいインターネットをした。

洗顔をする。めがねをかける。

 

 

9時

弟と親が起きてくる。彼らが出かけるので居間にいられなくなる。

ストーブを浴びる。

 

 

10時

出かける。近所のコンビニでお金をおろす。

 

 

10時半

松屋に来た。

僕は松屋には度々来る。朝食のコスパがよく、気分転換にもってこいだ。

 

ここ数か月は来てなかったが。しかし、今日クリスマスだし行くかあ。と思った。

 

!!

 

僕は店の入り口で目にしたのは、

なんと定食大盛り無料サービス(!)、しかも豚汁変更100円(!!)

 

ボクはすかさず最安の卵かけご飯定食(ミニ牛皿と卵とごはんとみそ汁)にご飯大盛りに豚汁変更を購入した。

 

390円だ。

 

 

My breakfast

 

 

 

うまぁ~♡

 

 

お腹いっぱいになったし、おいしかった。松屋の豚汁は神だ。僕は松屋でバイトをしてたことがあったが、いつも賄いで豚汁変更していた。レトルトの具材の上からみそ汁ボタンを押す。当時を思い出す。関係ないが、修行のためとかいって松屋のバイトリーダー様が僕に賄いを作らせようとしていた。私はサービス残業をしたくなかった。

 

僕は390円ですごく幸せになった。

いっぽうで思うところもあり、それは後述する。

 

 

11時半

家に帰る。

 

 

15時

なんか気が付いたらこれ位たっていた。

 

 

16時半

この時間ごろまで寝ていた。

 

 

17時

図書館に出かける。

 

 

が!

勉強ノートも、PCも、家に忘れてしまった。

 

 

仕方ない。スマホとiPadで「ワーク」をおこなった。

 

 

19時半

帰宅する。

「博多あごおとし」、あごが落ちるほどおいしいらしい辛子明太子入りのおにぎりを食べる。

 

 

おいしい。

一蘭に辛子明太子トッピング出来たら最強では?って思った。(500円くらいとりそう)

 

 

 

20時

ジムにいく。

 

ジムではクリスマスの飾りつけ(帰り際撤去されてた。)、BGMがクリスマス、職員さんはサンタさん。クリスマス🎄て感じがする。

 

僕はもちろん好きだ。

 

今日だけは許してね クリパモード全開で(決定!)
ベリーメリーなクリスマス! はしゃごう!(きらきら!)

 

Poppin’Party – クリスマスのうた

ということですね。

 

 

僕はいつも通りチェストプレス・アームカール・ラットプルダウンで腕と胸を鍛える。

トーソローテーション(でしたっけ?)・名前忘れたけど胸のあたりにバーをあててそのまま体を曲げていき腹筋を鍛える奴、を使い、腹筋を鍛える。

 

お風呂に入って帰る。

 

21時

その足で買い物に行く。冷凍のケーキを買った。クリスマスだからね!

 

22時

帰宅。

 

23時半

帰宅した後この時間まで電気毛布にくるまり、あたたまる。

 

夜ごはんにする。レトルトカレーだ。久々に手抜き飯だ。

MEGA辛、という安くて辛くて量が多くて具もまあまあ入ってるやつを食べた。なんでレトルトカレーって自分で作るカレー(ルー・カレー粉)よりまずいんだろう。

何が違うんだろう?レトルトにする際に劣化する?とんでもなく品質の悪いスパイスっぽいやつを使ってる?スパイスの調合がおかしい?

でも銀座カレーとかおいしいよね。その違いは何ですか?

 

そして、大好きな業務スーパーでケーキを買ってきたんだ。牛乳パックに入ったレアチーズと、豆腐の容器に入ったチーズケーキだ(詳しくはぐぐってください。)。

これも食べた。

 

メリークリスマス。

 

 

24時

食べ終わる。寝るまでクリスマスだ。

クリスマスソングをいっぱい流す(やっぱりボクは王道をゆくWe wish you a merry christmas.ですかね もろこぞやジングルベルも好きです)

 

 

感想

思ったんだが僕の人生は今の生活で「完成」している。もはや他に望むことがないくらい。

 

 

これは、朝松屋を食べながら思った。

 

通常の人も松屋に「満足」するだろうが、ボクの場合「幸福」まで感じてしまっている。人より松屋から得られるハピネス(僕は経済学の「効用」のことをわかりやすくするためそう呼ぶ)が大きすぎる。

 

いきなりステーキの社長やゾゾタウンの前澤社長、安全ピンを刺しながら栄養ドリンクを飲み続け國學院大學に合格した東進ハイスクールの吉野先生のように、成功したいとは思わない。

 

 

僕は「恋人がほしい」「みなとみらいに住みたい」「「正しく」なりたい」「ストリートファイトでレート1700くらいの強さになりたい」だなんて、口癖に言うけど、

 

実は、

 

「精神の新陳代謝でいい。」「郊外の賃貸でこどおじでいい。」「ヒーローになんかなれなくたっていい。」「ストリートファイトでレートが1400でも問題ナシ。」

って思っているんだ。

 

 

家がある。美味しんぼトンカツ理論は可能なくらいのたくわえがある(「いいかい学生さん、トンカツをな、トンカツをいつでも食えるくらいになりなよ。」「それが人間、えら過ぎもしない、貧乏過ぎもしない、ちょうどいいくらいってとこなんだ。」)。趣味があってそれを楽しんでいる。趣味にお金がかからない。月に何回かラーメンが食べられる。好きなもの作って食べられる。友達がいる。家族がいる。

自分の中の最大効用を常に得られているその認識がある。

 

 

子どものころからあまりにも与えられず、叶えられず、実現せず、で、ボクは慣れてしまった。

 

月10万円の収入があれば生活がもっと楽しくなるかな~くらいは考えますけど。

 

今度大阪・奈良方面に旅行にいくんですが、高速バス3列シートの予定だ。4列はさすがに厳しいため(私は結構やったことがあるが、さすがにこの手段でこれ以上の付加価値は得られぬ)、3列だ。

でも…本当はぷらっとこだま(新幹線のこだま号(各駅停車)は10000円くらいで品川から新大阪まで乗れる。すべての駅でのぞみに抜かされるので、所要時間は4時間ほど)で快適に移動したいな、と思ったりはする。

一方、別に僕は3列シートで構わない…それはそれで、移動をトリップとして楽しもう。(交通経済学でいえば、小生は高速バス乗車を単なる移動手段(派生需要)ではなく、本源的需要を感じられるよう努める)

 

 

閑話休題。

 

僕がとりあえず設定している「目標」たち、これはアドラー先生がいたら僕に「それは人生の嘘だよ」って言ってくれると思う。

そう、明白にこれは「人生の嘘」だ。とりあえず周囲を見て、「こんな感じでいっか」って適当に目標を設定してしまっているだけだ。

 

 

人生の嘘かもしれないけど…それでもボクはこのままだ。

つまり、とりあえず月10万円の収入を目指す。それから先も、また目指していくだろう。

 

 

私は人間の癖に不老不死の人造人間みてえな思考だが、とりあえずは目標が欲しいからな。なんかボクにとって月10万円は人造人間17号の「孫悟空を〇す」くらいの「目標」なんだ。目標が目標(手段が目的)化している。

 

 

クリスマス感

スクールデイズ的恋人がサンタクロース的バブル的性の6時間的な、恋人と過ごすリア充のひと時、といったクリスマスの感が薄れてきた気がする。

今日アベマTVに革命的非モテ同盟の人が出ていた(去年も出ていた)のですが、彼らもなんか存在理由を失いつつあるような感じがした。

コメントを残す