【報告】めうにんげんダイアリーの意識を下げます。【重要】

【感想】「新宿中村屋ベジタブルカレー」食べてみました!

 

めうにんげんダイアリーへようこそ!

こんばんは!

 

 

 

久々の更新パタ

 

タイムマネジメントが未熟で

 

 

 

「新宿中村屋 インドカリー」

を食べた!

 

 

 

中村屋って言ったら日本のインドカレーの元祖(※)じゃん!

※明治時代にイギリス経由で‟カレー”が日本に伝わった。

それに対して、インド独立の闘志ラス・ビハリ・ボースは「このカレーはできそこないだ。食べられないよ。俺が本当のカレーを食べさせてあげますよ」と、

イギリスの手あかがついていない本当のカレーを中村屋に伝えたのであった。

 

日本史の教科書に書いてあったパタ

 

カレー好き・歴史好きとして食べないわけにはいかんな

 

 

日本のカリー文化発祥の店。

 

パッケージはこんな感じだ

 

ベジタブルカレーパタね

 

 

このシリーズはビーフカレーとポークカレーもあるんだが

ベジタブルカレーが他の二つよりも明らかに魅力的なパッケージだった

 

是非スーパーで比較してみてほしいパタ

きっとベジタブルを手に取りたくなるパタ

 

 

 

裏はこんな感じ

 

うまそうパタ😋

 

 

 

米は押麦を使用

 

 

できたよ~

 

 

ベジタブル感があまりなかったので

一緒に作った野菜スープのニンジンとちぢみほうれん草(冬にのみ出現するほうれん草)を乗せてみたパタ

 

 

 

いただきます!

 

感想

 

美味しい…

それにこの味はルーで作るカレーとは違う。

 

けど

なんていうか

「いなばのタイカレー」みたいな味がする😰

 

中村屋はインドカレーなので

もっと‟インド”で‟本物”で元祖の味を期待していると肩透かしかもしれない。

 

 

結論

 

美味しいけど2回食べれば十分かな?

 

カレーはやっぱり自分で作りたいパタね

 

 

 

今日の授業は終わり!

また来てね☆

 

 

この記事が参考になりましたら、コメントやシェア、Twitterフォローをお願いします🙇‍♂️

関連記事

‟アパ社長カレー”食べてみました!(めうにんげん食品レビュー)

 

コメントを残す