麻雀の初心者普及のためにルール改正が必要だろうよ。理不尽で複雑なルールを麻雀から排他しましょう。

(この記事は書きかけの記事です!!)

 

非常残酷人間

「皆様、ご無沙汰しております。二浪して大学4年生にして鬱で実家に帰って休学してニートとして廃人の如く天鳳を打ち続けている非常残酷にんげんと申します。」

最近麻雀にすごくはまっている。廃人の如く天鳳を打って、Mリーグを観戦する日々だ。

しばらくは麻雀についての記事を投稿し続ける日々にしようと思う。

 

麻雀の普及やイメージアップのためには除去した方がいいルールや理不尽、慣習がいくつもあると思います。

僕が一個一個あげていきます。どうでしょう?

 

 

 

はじめに

麻雀は理不尽だったり意味不明なルールが多く、将棋のようなすっきり感がまるでない。何でこの必要が…?みたいなのがありすぎると思うのですが。僕だけか。

 

非常残酷人間

「僕は麻雀のルールを改正するべきだと思う。」

その目標は

 

  • 「シンプルにする」

 

  • 「理不尽ルールをなくす」

 

 

 

 

 

非常残酷人間

「何故ネット麻雀が普及したと思います?」

ネット麻雀とリアル麻雀の違いは何か?

 

ネット麻雀は、打つのに必要な手間が非常に少ないですよね。

ではそれらが何をもたらしたか?

神戸大学経営学部の僕がお答えしますが、

それは経営学的に言えば

 

 

 

 

参入障壁ががくっと減ったからだ!!

 

 

 

この場合の参入障壁とは、「心理的コスト」のことでございます。

まあ、参入障壁が高いのは必ずしも悪いことではない。ロイヤリティマーケティングでは参入障壁を逆用する手法は存在します。だが、私は麻雀に関してはとくに参入障壁のメリットよりデメリットが大きく上回ると思う。

そして、麻雀の参入障壁はさらに減らせます!

 

ではどうしたら?

 

非常残酷人間

「それでは本編、行ってみよう!」

非常残酷人間

「麻雀のどんな点を変えることで、「シンプル」にでき、「理不尽」を減らせるか。」

平和(ピンフ)

基本役なのに複雑な定義から初心者泣かせ要素の1つ。僕の弟(天鳳3級)もよく理解していなかった。

最初期のアカギが言ってた「全部数の並びで作る」にルールを変更しちゃっていいと思う。待ちも両面待ち以外がピンフになってもいいんじゃないですか?その代わりオタ風雀頭も含め字牌雀頭は禁止。

わかりやすい!

 

愚形リーチの打点がアップし愚形リーチがさらに飛び交う環境になるかもしれないが。

 

槍槓

カンが当たるっていうのは複雑だしそもそも発生確率は非常に低いから廃止にしていいと思う。

 

ちなみに、加槓した牌はフリテン扱いになるになるらしい。

長らく麻雀をやってた(20年くらい?)のに今の今まで知らなった!

でもほんとぉ?

河底撈魚・海底撈月

この2つ分ける必要あるのか。どちらも併せて「ハイテイ」でいいでしょうよ。てか、英名:heavenly moon(ヘブンリームーン) 和名:シアワセは月より高く とかに改名した方がいいと思う。

後述するが、麻雀から極力中国語は取り去った方がいいスタンスなので。

この役の中国語が無駄にかっこいいので惜しいけれど。

三色同刻

これほとんど発生しないし偶然の産物だしでこの役の存在意義はあるんですか。廃止にしてもいいが個人的には「小三色同刻」とか認めたほうが面白いと思う。「大三色同刻(現・三色同刻)」はもう役満でいいだろ。

三暗刻

なんで2暗刻がないんだよ。

理不尽だ。

チャンタ・純チャン

1ハンずつアップした方が麻雀の戦略性が増すと思う。悩ましい局面が増えると思う。

緑一色・紅孔雀

まず「緑一色(オールグリーン)」ってなんだよ。これが役満になるロジックがわからない。まあ定着しているからいいんですけど。

でもこれがあって「紅孔雀(ゴッドバードアタック)(←僕が今考えた)」がまず認められないの意味わからん。役満はどうせほとんどが出ないんだから多い方が楽しいと思う。「紅孔雀(ゴッドバードアタック)」を採用すべきだ。

非常残酷人間

「普及の妨げにはならず、理不尽の除去にはなると思います。」

ローカル役満

紅孔雀(ゴッドバードアタック)だけじゃなく、可能な限り採用するべき。

麻雀の楽しさには難易度の高い役満を上がった時の興奮がきっとあると思う。その潜在的な大きさを大きくしていくべく、役満は大量にあった方が楽しいと思う。とはいえそう簡単には出ないからバランス崩壊することはない。

 

見た目が美しくて難易度も高いローカル役・ローカル役満が全然採用されないのはなんで?全部採用した方が絶対Hello,Happy World!なのに!(例「大車輪」「小車輪」)

 

私は今日同じ並びの二盃口上がったんですけど。これ役満「純正二盃口」でいいだろ。めったに出ませんよ。なんで役満じゃないんですか論理的説明してください。と、問い詰められた時…窮するのはこちらではないかー!

 

ローカル役

同時に、細かいローカル役もなるべく採用していくべき。中国麻雀並みに役を増やしましょう。例えば、リーチ宣言牌で和了るとつくローカル役「燕返し」が全然普及してないのなんでだ?リーチが強すぎるのを若干是正できるのに…。

 

 

細かく突き詰めればきりがないのでこのあたりにしておく。

 

点数計算

これはしょっちゅう指摘される点だ。僕も初心者への壁の符は不要だと思う。細かい点の数えが勝負の妙をうむ。それはわかるんですが、いくらなんでも参入障壁としてでかすぎる。こんな複雑な点数計算は必要ないでしょう。

槓は1ハンアップとかいう形で部分的にだけ残せばいいと思います。

 

切り上げ満貫

まあ符を廃止しないにしても、

「満貫は7700・11600」←え?「切り上げ満貫」を導入しない理由って何だーー??どう考えても導入する理しかないと思うのだが。

まずは切り上げ満貫から符の不要さを慣らしていきましょう。

 

ルール

麻雀の禁じ手多すぎ問題。

喰い替え

非常残酷人間

「はい?」

僕が最も嫌いな麻雀のルール。(2番目に嫌いなルールは切り上げ無い満貫)

これを禁止する理由がよくわからない。昭和時代のひっかけリーチを汚いとし、雀荘メンバーにも禁止を強要していた時代の精神を感じてすごく嫌だから廃止にしてほしい。わかりづらいし。

責任払い(パオ)

「打姫オバカミーコ」の波溜師匠曰く「馬鹿らしい」。

ダイミンカン責任払い

それ責任払いの趣旨からずれてるだろー??

(でもこのルール楽しいから好き)

「アカギ」・「天」・「咲-saki-」など多くの麻雀漫画で劇的な使われ方をされたので、廃止は惜しい。しかし実際こんなの狙ってできるわけないんだよなあ

頭ハネ・ダブロン

「頭ハネ」より「ダブロン」の方が理不尽感なくていいでしょう?

 

なお天鳳のダブロンルールに慣れていた僕は、Mリーグがまさかの頭ハネ採用で驚愕した。頭ハネは福本伸行作品でしか見られない貴重なローカルルールくらいに思ってたいのに。

というか、最近調べたらむしろダブロンの天鳳の方がかなり少数派らしい。そうなのか。なぜなのです。上家取り?で1人しか上がれないって理不尽だと思う。まあ、競技性やドラマチック感は増す気がする。

 

参考

五輪種目を目指すMリーグブラック麻雀

 

このサイトを見れば、天鳳の方が変なルールばかり導入しているとわかるんですね。

リーチ後暗槓制限

色々と制限が多いから、「違法のカン」を認めるようにすればいいと思う。ようするにリーチ後の暗槓はご自由に。禁止する合理的な理由は無い。

福地誠先生がブログで提案していた案の1つ。

 

カンドラが乗るタイミング

全部即乗りでいいでしょうよ。天鳳だとミンカンは即乗りしなかった気がする。が、ワンテンポおく合理性はどこにあるんだ

積み棒

1本場300ってどうしてそんな半端にするのだよ。

廃止か、残すにしても1000点がいいと思う。300点ならむこうぶちのように1本場1500点の方がマシでは?

福地誠先生がブログで提案していた案の1つ。

 

禁じ手の噺から脱線してしまった。その他、「完全先付け」や「喰いタン」など話が無限に広がっていきそうな気がするのでこのあたりにするか。私は別に共通ルールを考えだしたいわけではない。

呼称の変更(中国語の廃止)

非常残酷人間

「僕の目玉政策です。」

非常残酷人間

「麻雀用語の殆どすべてが中国語由来の用語なんですが、これはほとんど全部廃止して日本語か英語由来にするべきだろう。」

 

中国語を日本語に簡単に置き換えられないものとか読みやすいもの、定着しているものを除いて廃止にすればいいと思う。

 

まあ中国語の読みを残してもいいですが、

副題として日本語もしくは英語由来の名前をすべてに導入すべき。

 

量詞

例えば、イーマンとかサンマンとかはまだいいですが、2マンをリャンマン、4マンをスーマンと読むのは普及の妨げにしかならないだろうよ。ニマン、ヨンマンと読むようにした方がいいと思う。(僕のおじいちゃんおばあちゃんはそう呼んでる)

ちなみに全然関係ないのでここでは省略するが、中国語はイーアルサンなのになんで麻雀はイーリャンサンなんだろう?と思って中国語の先生に聞いた時説明を受けたのだが、その時は感動しためうねぇ

ちなみに中国語を勉強すればわかりますが、麻雀の読みと本式の中国語は結構発音が異なります。例えば北(ペイ)は中国語では北(ベイ)なんですよね。麻雀の発音が昔の発音を残しているかららしいが。

閑話休題。

非常残酷人間

「もう少し例を挙げていくぞ。」

翻(ファン、ハン)

翻(ファン、ハン)って呼び方も「ポイント」に変えるべきだろう。

というか言わせていただくと、無駄に中国語がたくさん残ってるのが麻雀がダーティイメージを拭い去れない理由だと思う。

嵌張(カンチャン)

カンチャン待ちとか、いちいちそういう読み方する必要ないでしょー?はさみ待ちとかでいい。ださいですか。誰か代わりの読み方を考えてください~。

九種九牌

晴天の霹靂でどうすか

一気通貫(イッキツウカン)

こういう日本語が使われている役はそのままでいいと思う。もしかして本家(中国)にはない役ですか?

ちなみに英名は「ストレートフラッシュ」でどうですか。もちろんポーカーからとりました。

ちなみにシュンツ系の役が少ないとよく言われているらしく、それなら「ストレート」という役を作ってはどうか。面前限定で、3種類で1~3・4~6・7~9を揃えたら役満。

九蓮宝燈(チューレンポートウ)

これはでどうですか。

もちろんポーカーからとりました。

小四喜(ショウスーシー)

リトルウィンドでいいだろ。いくつかは大和田先生の「ムダヅモ無き改革」からそのまま引用していいと思います。

ピンフ(平和)

ヘイワかEt in terra Pax(エトインテラパックス)に改称するべき。

天和(テンホー)・地和(チーホー)・人和(レンホー)

こういうのはそのままでいい。漢字の字面でなんとなく意味わかるし。読みも直観的に読める。

なお、人和は導入せよ。先ほども申し上げた通り役満は多い方が楽しい。

 

随時追加していきます。

 

その他

これらはルールではありませんが。麻雀の普及の妨げになっている要素をせっかくなのでいくつかあげていきます。

国際牌を作る

今の牌は中国人以外に普及するには困難だろうよ。索子・筒子はともかく萬子と字牌が意味不明だろう。

というわけで、将棋の国際駒のような国際共通牌を作り、それを普及用に用いるようにするべきだろう。

例えばですけど、マンズの数を123とアラビア数字にするとか。東南西北はESWNでよかろう。

雀荘での賭博を厳禁化する

非常残酷人間

「全雀荘から徹底してギャンブルを廃止し、禁煙にするべきでしょうよ。」

麻雀のスポーツ化を目指すのならこれくらいしないと。

金賭けてる将棋道場が今どきありますか?

Zooやウェルカムのような大手から積極的にやっていくべきだ。

麻雀漫画を取り締まれ

福本伸行の漫画、三色同順多すぎませんか?!そんなほいほい三色ばっか面前で聴牌できるわけないでしょうよ。

 

あと、組(暴力団)の代打ちって何だよ(哲学)

 

参考

麻雀漫画でよく見かけるヤクザの代打ちって、ほんとに存在するもんなんでしょうか? YAHOO!知恵袋

 

雀鬼流の桜井さんがやくざの代打ちをやってたのってのも多分嘘だと思うんですけど…。

反論に対して

その細かいのが麻雀のいいところでしょうが!

非常残酷人間

「僕もそう思います。まあ、少なくとも細かい点は嫌いではないよ。」

 

ただ…普及という観点を考えると、やっぱり細かいルールは排除するのが合理的ではないかと。

麻雀は国民的遊戯・スポーツ・パーティゲームになり得るポテンシャルを持っていると思います。極端な例を言えば咲-saki-の世界みたいになり得る素晴らしいポテンシャルがあると思う。楽しいですモン!!

 

だからこそ、ルールが複雑だったり、中国語読みをしたり、賭けに使われている…というのが非常にもったいないと思うんですね。

 

僕にも麻雀のルールは多少わかる程度の友人がいて。へたっぴですけどね。彼とはよく卓を囲んで麻雀をします。彼は楽しそうなのだが、点数計算ができない!彼がロン!と上がって手を開けるといっつも僕が点数を数えている!この現状を見るたびに僕はいつも「点数計算複雑すぎめう(´;ω;`)」と思ってしまうな。やはり複雑すぎるンすよ。点数計算は麻雀の大きな障壁であることは明白。

 

出来る人からすればなんでもないことであるが、麻雀のルールはもっとスリムにするべきだと思いました。なあに、これら全部スリムにしても麻雀の本質の10%も変わらないと思いますよ。

 

それでいて麻雀の参入障壁は一気に減る。これは麻雀に携わるあらゆる人にとってのメリットで、今すぐやるべきだろうと思います。なんでむしろやらないのだ。やってください。お願いします。

さいごに

非常残酷人間

「私には野望がある。これらの簡易化された麻雀ルールで、麻雀ゲームを作りたいという夢が。」

 

天鳳という将棋倶楽部24並の老舗ネットワーク麻雀を放逐する。私には「麻雀ウォーズ(仮)」を作る夢がある。

 

この簡易麻雀で。

 

棋神の導入や、スマブラの最後の切り札のようなのを使うことで誰しも役満を上がれる爽快感、それでいてスマブラのように競技制を損なわない全く新しい新感覚麻雀。

僕の頭の中にはできつつある。

関連記事

・【神ゲー】将棋の素晴らしさを、麻雀と将棋を比較しつつ論述する

麻雀の理不尽について、この記事でも将棋と比較しつつ触れました。是非見てみてください。

リンク

私が尊敬する福地誠先生がこの記事で麻雀のルール改正について書かれている。(この記事に触発されてこの記事は書かれた)

 

参考

【麻雀】ルール改正の希望点福地誠・前天鳳名人位blog

 

ここでは紹介しませんでしたが振り聴についてもルール改正をしたほうがいいでしょう。

 

現物以外は当たれないようにしていいと思います。

 

どうでもいいが以前近代麻雀に連載されているマンション麻雀経営漫画(むこうぶちではない)(てか、普通に賭博開帳図利ではないのか)で、リーチ後待ちが変わるカンだかフリテンだかでとんでもなく理不尽なチョンボ満貫払いをしたヤクザが発狂して店の中で暴れまわって死刑になる漫画がありましたね。なんて漫画か忘れてしまったのだが。

 

また、「天 天和通りの快男児」でも、日本最強のアカギに勝った主人公の天さんが三面待ちを理解せずフリテンになる場面がある。やはり、初心者にとってフリテンは壁なのだ。

 

参考

【麻雀】誰がルールを改正するか福地誠・前天鳳名人位blog

コメントを残す