坂口尚先生の「石の花」を読み終えました。(ネタバレなし)

Ishinohana

 

めうにんげん

世界人類が平和でありますように。

こんにちは めうにんげんです。

 

坂口尚先生の「石の花」を読み終えました。

 

石の花とは?

1941年

ここはスロヴェニア、ダーナス村

 

クリロとフィーの平和な暮らしは、ドイツ軍の突然の侵攻によって一転する。

 

クリロはパルチザンに身を投じ、ドイツとの戦いを始める。

一方フィーは強制収容所で奴隷労働をさせられ、極限の中で人間性の危機と戦うのだった。

 

ユーゴスラビアについて

南スラブ人の連合国家であるユーゴスラビアは複雑だが、民族さえわかれば大体理解できると思うのでここでは民族について簡単に。

 

セルビア人

ユーゴスラビアの主導権を握る民族。

 

クロアチア人

セルビア人の次に多数を占める民族。

戦争中はナチスによってユーゴスラビアの支配をゆだねられ、セルビア人を虐殺していた。

1990年代のユーゴスラビア紛争でもセルビアと対立するがうまいこと立ち回ってセルビアを悪にしたて(まあ事実セルビアは相当オラついていたので同情はできないですね)勝利。

 

セルビア語とクロアチア語はほとんど同じ。

 

スロヴェニア人

ユーゴスラビアの北に位置する。(あまり存在感がない)

ほとんど語られないが主人公のクリロやフィーはスロヴェニア人。

 

他にもムスリム人(ボシュニャク人)、モンテネグロ人、マケドニア人、アルバニア人、とかも地域の民族なんだが彼らはあまり物語にかかわらないので省略🙄

 

用語

ユーゴスラビア王国

セルビア人のユーゴスラビア国王を中心とした国家。

1941年ドイツ軍の侵略によって崩壊し、国王らはロンドンに亡命した。

 

クロアチア独立国

ユーゴスラビアの領土を周辺国が好き勝手分割した残りのうちの多く(クロアチアとボスニア・ヘルツェゴビナ)を与えられて成立した国家。

 

ウスタシ(ウスタシャ)

クロアチア人の団体でセルビア人やユダヤ人を強制収容所に押し込んでいた。

 

チェトニク

セルビア人の抵抗組織でユーゴスラビア王国の存続を目指している。

最初はドイツ軍に抵抗していたが次第にパルチザンを主敵にするようになる。

彼らはパルチザンと違いドイツと戦うことを避けた。とはいえ、ドイツの報復はすさまじく(ドイツ人の死者1人に対しセルビア人を100人殺害。ターゲットは家庭からランダムにピックアップして選んでいったようだ)それが必ずしも臆病や日和見と言い切れるわけでもない。

 

パルチザン

ティトー率いる民族混淆の抵抗団体。

ドイツ軍からのユーゴスラビアの解放、そして共産主義国家の樹立(王政の否定)を目指す。

彼らがヨーロッパで唯一自力でドイツ軍から自国を解放した。

 

登場人物

登場人物を紹介しようと思ったんですけど・・・

よくよく考えると皆さん登場人物をご存知ないでしょうし・・・

いいか・・・・・・💦

 

 

ちなみに僕の好きなキャラはミントだ。

風来坊なのにイケメン過ぎるだろうよ。

 

・・・・・・

 

一応出てきた実在の人物を書きますかね

 

 

ティトー

民族バラバラのユーゴスラビアでパルチザンを組織し、

ドイツ軍を追い払い、

戦後も無理のない社会主義国家を建設し、

非同盟国として資本主義・社会主義の間で立ち回る外交を繰り広げ、

ユーゴスラビアを維持した人物。

軍事も内政も最強レベルの才能を持つ。

 

 

ヒトラー

劣等種族を駆逐し優秀なドイツ人が世界を支配することを目指す。

この作品では「概念」のように出てくる。

 

 

 

 

石の花の凄いところ

natural(ナチュラル)

石の花はとにかく淡々としていて、戦争のnatural(ナチュラル)な漫画なのだ。

まあneutral(ニュートラル)と言ってもいいんですけど、neutralになったのは結果(現象)であって最初からneutralを目指して描いたわけではない。

 

連載当時はまだソ連があった。そんな中共産主義という話題は今以上に繊細だったことでしょう。

主人公はパルチザンの一員なので、石の花では基本的に共産主義は主人公側の思想なんですよ。

それで共産主義者もいっぱい出てきて、彼らは不平等な社会はおかしいと現実の共産主義者と同じ主張を言う。

醜い資本家も出てくる。

 

 

とはいえこの漫画は決して共産主義賛美の物語ではない。

共産主義に文句を言う人も多数出ている。

この赤い星の帽子を被っているのも今だけだとか、私有財産を廃止することを不安がる住民、ソ連の意向を気にする共産党員への不満、共産党員の教条主義的な思考などなど

しかしこれらはバランス取りのために配置されているわけでなく、本当にnatural(ナチュラル)に物語に配置されているんですね。

 

宗教についてもそうだ。

作中で神を肯定する者が多数いる中、否定する者も出てくる。

 

 

あとは読者が考え、感じればいい。

ということですね。

 

本当に魅力的な考え方は強いなくても浸透する。

むしろ無理強いをさせている時点でその思想は終わっている。

 

 

 

これだけ政治思想や宗教のような話題を多く出してこれほどのバランスを保つとは。

石の花はこの点について手塚治虫先生の「アドルフに告ぐ」を超えている。

‟バランス”を取らず、naturalを描く。

 

それに共産主義の思想だけが語られるのではなく、敵側であるのナチズムの主張も度々マイスナー大佐らが語っています。

 

 

弱い人類は管理する必要がある!

ってね。

(皮肉にもこれは共産主義とナチズムの両方で共通している要素だ。

共産主義者も愚かな大衆は管理せねば~って言う場面があってそう思った)

 

 

まあおおむねドイツは圧政者としての‟役割”ではありますが。

人はそれぞれ正義があって争い合うのは仕方ないのかもしれない。だけどドイツ軍の‟正義”(劣等人種は支配してOK)を現代日本人が納得するのは難しく、仕方ないだろう。ドイツ人にも人間性を感じさせる場面は何度も出てくる。

 

 

ローカライズもうまいですね。

兵隊は将棋の駒、八百万の神みたいな発言がたまに出るんですけど、違和感がない!

 

 

取材

あと冒頭で出てくるポストイナ鍾乳洞とかも実物とそっくりだという話でした。

ならばいずれ行きますか。

 

言語もドイツ語やスロベニア語(?)やセルビア語(?)が度々出てくることで、臨場感や雰囲気をより濃密に伝えてくれる。

 

細かい時代考証

実質的に枢軸国についているのに援助を受けるチェトニク

ナチスのキリスト教嫌い

この辺りの事情も石の花を読めばバッチリ!

 

好きなセリフ

・母さん、おれ、人を殺しちゃったよぉーーー

 

・見えない、何も見えないわ

これでいいのよ、何も見たくない!!

 

・あいつらは自分を見せるのではなく嘘をついている

 

コメントを残す