【福岡限定】一蘭ラーメン(袋麺)・ちぢれ麺 食べてみました!

おはようございます。本日朝からスマブラで10タテされためうにんげんと申します。

 

今日は食品紹介!

先日一蘭の周年記念でもらったインスタントの一蘭袋めんの賞味期限が迫っていた。

これを紹介していきたいと思いました。

 

一蘭とはなんであるか。

博多出身の超おいしい豚骨ラーメン店のことだ。

ではそれの即席版を紹介していく。

 

 

ichiran instant ramen package

ほう

ichiran instant ramen package reverse

袋麺にしては賞味期限が意外と早い。貰ってから2か月くらいでもう切れかけていた。

 

「秘伝の粉」や油を調整することで本家一蘭のように味の調整ができます。

今回は全部入れにしました!

 

ramen cooking

辛ラーメンのように煮込んで調理する。

 

Ichiran noodle

さて、完成だ(右上にあるのはハム、あとこねぎとにんにく、小松菜を用意したぞ)

 

感想

麺:麺は普通の即席めんって感じ。

スープ:スープは結構おいしく、もちろん本家一蘭には及ばないものの中々一蘭の雰囲気を味わえた。

秘伝の粉:結構辛い。秘伝のたれ(※)感はあまりなかった(;´・ω・)

※秘伝のたれ:一蘭ラーメンの上に載ってる辛い粉。おいしい。一蘭社員でも知る人はほとんどおらず門外不出のレシピになっている。

 

Ichiran noodle

ひと玉では足りずラ王の麺を投入したよ!

 

感想

点数をつけるなら80点でしょうかね。

スープは質が高い。特に油は一蘭の本物そっくりで、割と手軽に一蘭感を味わうことができます。

生めんつき200円か、スープのみ150円とかで売ってほしい!

 

 

 

 

(意外と書くことが無かった)

 

↓食べたもの

 

コメントを残す