【報告】めうにんげんダイアリーの意識を下げます。【重要】

【決意】9月30日までに家を出ます。【今後の計画】

 

この記事は僕と家族の現状について

書いたものです。

 

 

 

たまにこういう記事を出してしまうな

 

 

 

【決意】10月中に家を出る。

 

 

2021年9月30日までに家を出ます。

引っ越しの手続きなどやタイミングの関係で多少前後があるかもしれないが、

10月中には引っ越し手続きは完了するべき(古文の当然のべし)です。

 

 

 

なぜかというと、

家にいると‟すり減る”から。

この一文であいまいなまま終わらせ、責任を煙に巻くのはよくないので

この記事でははっきり説明します。

 

 

実家暮らしのメリット

 

先に実家のメリットから入るか

 

 

 

・お金

 

お金について話さないわけにはいかない。

 

 

成人してもなお実家にいる限り

いわゆる親のすねかじり状態を続けることで

毎月の出費を大きく抑えることができる。

 

 

私も、(学生という身分もあるが)家庭に発生する固定費をほとんど払っていない。

 

また、就職してからも、

母は私と弟でお金を出し合って

より家賃の高いマンションに住むことを考えているようである。

(私と弟が負担するのは家賃の上乗せのみでいい)

 

なので、お金のメリットは家族で暮らし続ける限りずっと続くし、

少ない家賃への支出でよさそうな物件に暮らすこともできるだろう。

 

 

・一人暮らしは「寂しい」もんな

 

 

 

私は家族との共同生活が嫌で一人暮らしを希求しているのだが

一人暮らしを始めたら寂しいかも…

アンビバレントなのだ

 

 

発達障害系エッセイストマンガ家の永田カビ先生

「一人交換日記」でも似たような独白が出てきます。

「一人暮らししたい、寂しい、家にいるのに寂しい、いざ一人暮らしをしても寂しい、母と暮らすとしんどいが母に認められたかった」といった感じでした。

 

まあ、最近は家にいると常にぐつぐつと家庭に対して嫌な感情ばっかり抱いているので

このメリットは考える必要がありそうですが。

 

 

 

 

これらのメリットを覆すデメリットがあるから

一人暮らしをしたい

 

パタね

 

 

そうなんですよ。それは何であるか。以下の文章で教えてやる

 

 

実家暮らしのデメリット

 

 

大体これが理由ですね。

 

 

今回この記事を書くことに当たった出来事が2週間くらい前にあった。

(↓の内容は2週間覚えていたわけではなく、

この記事の大まかな内容はその日に書いた。

推敲して投稿するのを長引かせてしまったが)

 

 

母と「雑談」をしていた。

といっても僕から母に「雑談」を話しかけることは滅多になく、

その日も母の話を聞いていた。

 

私は母と会話するとき一切‟取り繕わない”。

これは子供の頃から一貫していて

私はよく母に「お前は‟可愛く”ねえな🤬」と言われた。

ここで言う可愛くないは可愛げがないということ。

しかし僕はどうして母に‟可愛げ”を見せなくてはいけないのか

母は自分が‟可愛げ”を見せられる対象だと奢(おご)っているようだが、

それは親子関係のパワーバランスにしか根拠はないだろう、

そんなのはおかしいと思っていた。

 

閑話休題。

僕はその日も母の話をふくらませず、興味をもって聞くよりは思ったことはそのまま返していた。

(僕のコミュ力が拙いというのももちろんある)

 

母「プロ奢られヤーっているんだよね、1回1万円で奢られる、あれひどくない?」

 

僕「え?それは酷いのか?出す人は好きで出してるんだからいいんじゃない」

 

 

話相手が両親以外の人間だったら

「1万円は高いッスねw」

とか言ったかもしれないが。

 

僕のこの答えに不満を持った母は

押し黙った。

そしてそのあと何度か溜息をついて見せた。

そして一番衝撃的なことを言われる。

「気を遣ってあげるの、やる必要ないかなと思ってるんだけど、ついやってしまった。もう今後はあんたに気を遣わないことにする」

 

 

これがかなり驚愕で、

まず、僕は全く母に雑談をして欲しいと思ってもいなかった。

8割は毒にも薬にもならない

最もマズい温度の水道水みたいな話しかでてこないし、

2割はこういう価値観の違いを感じる話だ。

 

それでいて僕の返答次第では不機嫌になる。

弟も母が僕に話を振ってほしいとは思わないだろう。

他の人類もそうだ。

母も「気を遣ってあげてる」。

じゃあその会話は何のためにあるんだ?

僕は本当にしんどくなり、

その後で「あんたは私が金を出している事実と自分の年齢を考えろ」

という度々行われるマウンティングをされ、

母に意見を伝えた。

「この会話で不機嫌になっても僕に落ち度はない」「僕と話ししてもお互いストレスが溜まるだけだから話をしなきゃいいんじゃないですか」

母は「私は疲れている」ことを主張した。

その場は「僕に話しかける時は望ましい答えが返ってこないことを承知の上で話をしてくれ」と言った主張をしてなんとなく終わったが

この時以来今に至るまでストレスを感じている。

(後日また衝突を起こされてその際「嫌な気持ちになるだけだから雑談もしたくない」と言ってしまった。これは謝罪した。これは母にはショックだったのだろう、それ以来もっと「雑談」が減った)

 

 

こういうこと(母との衝突)はよくあるのだが

私は鳥頭なんですぐ

翌日には忘れてしまう。

しかし今回は今朝、朝焼けの桜並木を原付で走って朝ラーメンを食べに行っても

イライラしていていたんだ。

 

今回この記事を書くことの意味は、

今後も忘れないようにすること。

 

家にいるとどうしても「なぁなぁ🐳」の雰囲気が生まれてしまう。私は家庭を許すべきではない。

母親を憎んでいるカツドンチャンネル氏もお母様と仲良く卓球をしている動画をアップロードしたりしていた)

 

(死は全く怖くない。一番恐れるのはやがてこの怒りが風化してしまわないかということだ)

 

 

母は時間がたつと謝罪することがあるが

具体性のある謝罪を受けたことは1度もないので、

恐らく自分本位な理由だろう。

ここまでのことを何度も受けていたら心がそのたびにすり減る。

これまで母とは‟普通に”会話はしていたが

今現在母を「避ける」ようになった。

一切心のこもった会話はすることがなくなった。

 

 

 

 

 

 

 

 

家族で暮らしていたらこれからもこういうことはあるだろう。

母の主張は理解できないことはないし

私にも‟負い目”は十分にあるのだが

 

私としては

 

「どうして弟ではなく僕だけがこんなに誹(そし)りを受けなくてはいけないんだ」

「母は今労働で私や弟の生活と学費を稼いでいる。それは間違いなく事実だが

20代・30代の頃の無策のツケ(結婚相手の選択や離婚・再婚)だろう」

 

といった考えばかりが浮かんでしまう。

 

私と母は合わないのだ。

というか、私が小学生くらいの頃

「私とあんたは合わないんだから」

と言われたことあるし(泣きました)

より母と相性のいい弟が‟相手”をしたほうが

社会全体の幸福が大きくなる。

 

 

 

弟の特徴:背が高い、見た目がいいほとんど主張しない、この世で一番嫌いなものは衝突、怠惰

 

弟は1年間の起きている時間のほとんど家でSwitchのスマブラかスマホをしている

 

ゲーム好きパタね

 

ゲームが世界で一番ラクな人生のやり過ごし方なんだろう

 

 

 

弟は母にとってとても「望ましい」人物なので私より重用され続けてきた。

 

その理由は弟が

・向上心がないこと

・主張をしないこと

・母に‟飼い慣らされて”いること

などである。

 

母は度々

「弟より優れた人格の人間はいない」

といった説諭をしていた。(それで父親にキレられて泣かされたこともあった)

僕は一度、小学校の時の同級生で、何から何まで完璧な「Tくん」の名前を挙げた。

すると「Tくんは〇〇〇(有名私大付属高校)じゃん」といった返答でした。

これは父親から教育虐待を受けてきた僕にとってかなり驚愕したので今でも覚えているが、

どうやら母にとっては上昇志向は‟望ましくない”らしい。

 

 

弟は一切の主張がない。多分今の生活(働かず、自由なお金がなく、スマホとゲームソフトが2本くらいあるだけ)を10年20年続けても一揆は起きない。

何年も無収入だが何もそれを気にしない。

 

 

余談だが弟が私の服を着まくるのも嫌だ

 

めうにんげんの母が「勿体ない」と称して勝手に着させるパタ

 

 

服は着る度にボロくなるんだよ

 

 

それで誰かと会う日とかにとってある服を

私が頭と体力と金を使って選んだ服を

弟や母に「ひょいっ」と着られるとイライラする💀

 

 

 

めうにんげん自体服の所在を把握していないというのはあるパタ

 

 

まあそうだが、どんな服を買ったかは把握している

「取っておき」を「忘れている」と勝手に解釈して

「勿体ない」と勝手に着られるのが嫌だ

 

これについては最近母に言って「一軍」の服は着ないでくれと伝えたパタ

 

 

 

 

服を着るなというのは心が狭いかなと思ってこれまで言わなかったが

‟母や弟に”服を使われるのがもはやストレスなのではっきり伝えた

 

 

 

以前から勝手に服を着て汚されてその後行方不明になったのに

誰もそのことを何も私に伝えてこない

という話もしたら受け入れられた

 

 

 

母は弟に人生のしりぬぐいをさせようとしているんだ。

しかし弟は一切就職活動をしている様子はない。

弟は‟鬱”で大学を休学していたこともある。

母の望みは歪をはらんでいて、非常に危ういところがある。

僕は彼らが破綻をすることを望まない。

これは‟情”というより僕にtroublesome(面倒)を起こさないでほしいため。

 

 

そして僕はしりぬぐいをやらない。

母は私に高校生の一時期好んでよくぶつけていたフレーズがある。

「これ以上私の人生の邪魔をしないで」

もう僕は‟邪魔”しません。

 

 

 

 

この家も嫌だ

 

20年前に引っ越してきて以来ずっと住んでいるパタ

 

闇金ウシジマくん世界の住民が住んでいるような集合住宅だからな

 

 

結論

 

家族の存在が‟いや”になってしまったパタね

 

 

私はめうにんげん

背景は無い(※)

 

※「銀と金(著:福本伸行)」の主人公、森田くんの台詞。

彼の一族には金持ちなどいなくて事実上天涯孤独であることをこう表現した

 

勝手なもんパタねぇ

 

 

私は勝手だ

数年前はメンタルがやられて実家に

その頃は母が仕事で寂しく家にいてほしいとも思ったし

また弟が2019年4月から大学に復学し通いだしてからはとても寂しいと思っていた

 

ただ、

じゃあ家族は僕と生活していくことを望んでいるのか?

 

 

 

 

この2年間で僕は一人暮らしの方が幸福度がかなり高いとわかったし

家族もそうだと思う

 

 

 

 

 

今後

 

それでは今後について話す。

 

もともと10月で引っ越す予定だったパタが

最近の折衝をきっかけに9月までも極力家にいたくないと考えたパタ

 

 

Gotoトラベル再開前

基本的に家にいる。

 

コスパ厨なので

 

 

Gotoトラベル再開後(~7月)

 

ホテルや宿を可能な限り入れる。

コスパがよければ連泊も辞さない。

 

 

ちょっと前、ホテルに行くのは効用が得られないから止めると言いましたが

やっぱり家から解放されるのは大きい

 

 

 

早くGotoトラベルが再開してくれることを祈るばかりパタ👏

 

 

 

8月~9月

 

大学が休みに入るのでとにかく家以外で過ごす時間の方を多くする。

 

 

 

原付旅でもするパタ?

 

 

考えたんだよ、鹿児島あたりでも目指そうかと

でも

8月は暑すぎるので残念ながら却下

 

旅行にいくパタ!

 

はい。今電車でどこか行きたい気持ちがすごく強いのでそうなるでしょう

 

 

・18きっぷ5回分(只見線乗りに行く、小海線乗りに行く、ホームライナー浜松乗りに行く、東尋坊に行く、宮島フェリー乗る、奈良に行く、など)

 

 

往きたいところなんて いくらでもあるの

ということですね

 

 

・北海道東日本パス2回分(北海道を旅する,東北地方を北上して函館に至る)

 

後者は今年の3月にやろうとしていた。

幻に終わった「北海道東日本パス」旅行プランを公開

 

・長崎(9月初頭に1000円のチケットを取ることができた✨)

 

 

10月以降

一人暮らしを開始する。

 

どこにするパタ?

 

対面授業が再開していたら神戸

オンライン授業なら全国どこでもいいかね

 

北海道(※)にするパタ💕

 

※安くておしゃれな賃貸多数。ただ冬場は暖房費がかかる(特にプロパンガス物件)

 

必要な物

 

金(現在)

 

ここで、私と生活費についてあますところなく話す。

 

 

現在母から負担してもらっている費用

 

・食費、消耗品代、その他

 

・家賃

 

・水道光熱費

 

・ネット代

 

・ガソリン代

 

・医療費

 

 

保険、年金、携帯代、衣類代、一部税金、外食代を始め自分しか使わない費用は自分で出しています。

 

 

一つ一つ見ていく。

 

・食費、消耗品代、その他

基本的に買い物と料理は僕がしていて、毎月レシートを清算してもらっている。

1か月平均は3万5000円くらいだろう。

 

・家賃

とにかくうちは安い。

 

・水道光熱費

神奈川県の平均は1万6000円で、我が家もそれを大きくは外れてないと思う。

 

・ネット代

月3000円程度。

 

・ガソリン代

レギュラー満タンで500円(給油しない月もある)。

 

・医療費

月1500円程度。

 

ガソリン代から上を1/3したものと医療費を足して、

負担してもらっている金額は毎月3万円くらいですかね。

ゆとりをもって1万円足して毎月4万円としましょう。

 

 

 

これらを現在出してもらっていることは

本当に頭が上がらない点である。

 

何故、平気でこの‟援助”を受け入れているかというと。

これらは弟も‟平然と”出してもらっているからである。

 

母は10代の頃

主に食事の時に「うちは兄弟平等、長男が偉いとかは一切無い」

と言っていた。

僕は弟の倍くらい食べるのだが

おかずは平等に案分された。

この理念に立ち向かうことは誰にもできない。

僕はそれを受け入れていて、

それに対する意趣返し的なところがある。

平等なら、弟だけそのような‟援助”を受けるのは‟不平等”だよねということですね。

逆に言うと弟は払ってもらってないものは自分で出している(弟は携帯代も出してもらっているが)。

だから私は昨日提案をした。

「かかっている費用を1/3したものを出してもいい、ただし弟も出すのなら」

そうしたら母にキレられてしまった

「弟は鬱で働けない、そんなのできっこないのわかってるのに何でそんなことを言うんだ」

 

あ、そうだ

 

 

・学費

 

これが気になっている方もいませんか?

これも出してもらっています。

ただ、4年前期までの学費は元父が負担していた。

(私の家庭は元父が僕の学費を出すこと、

母が弟の学費を出すことを選んで決めたそうなので)

国立大学なので休学中の学費は発生しない。

母が負担する僕の学費は、弟の私立大学の学費と比べてかなりちいさいものであることを

ご承知いただきたい。

「当たり前だと思わないでほしい」

こんなことを母に何度か言い放たれました。

でも、僕の小・中・高(大学でもほとんど)、

学費や生活費を学生時代に負担していない者は1人も見たことなかった。

逆に親が学費を負担しないのが「本来」だという母の主張が僕にはわからなかった。

 

 

 

金(一人暮らし)

 

次に「一人暮らしの資金はあるのか問題」だが、

あります。私の貯金と月収を合わせればできます。

具体的に言うと母に今50万円貸しているのでそれが帰ってくればそれだけでも5か月はいける。

(10万円程度で1か月一人暮らしができる)

 

来年4月からは就職でさらに金銭状況は安定する。

 

 

 

家財道具など

 

感想

 

・8月からの‟旅”が楽しみ。

 

 

・私は‟親孝行”とは親から与えられた‟恩”を返すものだと思っている。

私もここ数年でお世話になった分の‟孝行”はちゃんとする。

 

 

 

 

常識外れになるためには、

まず常識を学ばなければならない。

 

クロネコ屋さん(ツイッタラー。ブログを書く上で役に立つアドバイスを

鋭い語り口調で次々にツイートしてくれる)

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

今日の授業は終わり!

また来てね☆

 

 

この記事が参考になりましたら、コメントやシェア、Twitterフォローをお願いします🙇‍♂️

 

 

2 COMMENTS

kohei

めうさん、お疲れ様です

僕は5月1日から一人暮らしするので(両親には了承済み)、めうさんも一人暮らしを考えられているみたいでタイムリーな話題だなぁと思いました。

お互い一人暮らしライフを快適に送りたいものですね。めうさんは過去に一人暮らしされてて、幸福度が上がったと言っていたので、僕の鬱もこれで寛解に向かうかもしれません。

返信する
めうにんげん

>koheiさん

お疲れ様です!
koheiさんも一人暮らしをされるということで。
慣れないうちは大変でしょうが少しずつ一人暮らしのメリットの方が大きくなっていくと思います。
存分に一人暮らしライフを楽しんでください!

めうにんげん

返信する

コメントを残す