【感謝】二浪三留で大学卒業できました。【報告】

AI絵師は絵師ではない←そうかなぁ?「絵師」でいいんじゃないですか

AI絵師 「絵師」では?

 

AI絵師が絵師を名乗ってもいいのでは

 

「AI絵師」がトレンドに上がっていた。絵師さんが「AI絵師」をくさす意見やまんがを表明していて、同調する人も多くげんなりした。(前にAIは絵ではなく確定申告AIを作れというツイートがバズっていた時も同様にげんなりしました)

 

しかし、”絵”のエッセンス手段・技術(絵を描くこと自体)なのでしょうか。そうではない。

結果(絵)の方でしょうよ。

とりわけ「商売」においては。

 

 

 

人間が描く絵にはAIを使用した絵よりも多大な努力と苦労を要する。

 

しかし、絵を「作る」人が絵師なんだから、本質的には手段がアナログだろうがデジタルだろうがAIだろうがぶれていない。

努力や苦労は本質なのですか?TwitterではAI絵師に対して、カップラーメンにお湯を入れるだけのやつをラーメン職人とは呼びたくない、クリスタを扱う技術はAIを扱う技術より上なのよといった言説がありましたが

 

ラーメンの「満足」を図るのは味(と値段)ではなかろうか?

うまけりゃどっちでもいいです。将来フリーズドライ技術がものすごく進歩して、お湯で戻すだけで有名店と全く同じものが出せたとして、それでもAI絵師に反発している方々は店舗に通い続けてくれますか?

 

”お絵描き”における「情緒」を全く否定するわけではありません。

絵もラーメンもエッセンスは「情緒」ではなく”結果”だというのは、「商売」の観点で際立つ話ですね。「商売」を抜きにした「絵師」という”地位”は長く残るかもしれない。というか「商売」ではない“お絵描き”はほとんど変わらず残るはずです。

例えばピアノだって「商売」ではなく趣味で演奏している人は大勢いるし、データを打ち込んで再現もできるが、一握りのプロのピアニストの演奏も「商売」としてもしっかりとした需要があるわけですよ。

 

 

絵って「センス」がいるじゃないですか。

それがなくても絵を創り出せる───────そちらの方がより自由で器量の大きい世界だと思うんですよ。AIとAI絵師の存在認めて、共存しながら非AIで絵を創りたい人は作っていく方が“健全”だと思います。AIとAI絵師の存在を認めた上で、人間の味でAIには負けないぞと、そういう選択を選択えらぶ方が”健全”だとおいら思うんですよ。

嫌でもそうならざるを得ないでしょう。19世紀のイギリスで機械の導入に抵抗したラッダイト運動が失敗に終わったように。

 

 

まとめると

AI絵師は「絵師」ではないという主張は、「情緒」としては理解はしますがエッセンスは「AI絵師」も「絵師」も同一だし、

人々のショックも収まり、AI絵は徐々に世界の一部として受け入れられていく。

AI絵は今後は少なくとも別ジャンルとして確立・拡大していくだろう。

そして────────────

 

AIは圧倒的に便利すぎて、それを一切なしで今の環境で戦う不便さやその必然性はどこにあるか?現在の絵師は直面する。

少しくらいAIを浸かってもいいか、それはどこまで許されるか、もう全部AIでよくない・・・?

といった迷いや誘引に対して・・・

 

 

100%クリスタでやるリーズナブル合理的な理由が確立されない限り

そのうち絵師もAIを使いだして、AI絵師と絵師の垣根は自然にあいまいになるんじゃないかな?

 

 

 

今日の授業は終わり。

また来てね。

 

9 COMMENTS

匿名

←そうかなぁ?「絵師」でいいんじゃないですか←そうかなぁ?「絵師」じゃなくていいんじゃないですか?逆に何でそこまで「絵師」である事に拘るんです?w

返信する
匿名

めうにんげん様こんにちは。
今はまだAI成果物は実用に足る水準に達していませんが、今後レイヤー分け、画質の粗さ、リテイクの問題、これらが完全に克服されたその時
人間の絵描きにどれだけの価値が残るのかは個人的にも興味深い問題であります。

返信する
めうにんげん

>匿名さん

こんにちは!

絵に対する需要の変化に伴い、人間の絵描きの持つ生産者や「タレント」としての需要はどうなるか。
とても興味を持っている問題でして、この記事で取り上げた次第です。

コメントありがとうございます。

めうカス

返信する
そう

横からすみません。ちょっと心配になったので…この匿名の人、めうさんのアンチですか?

返信する
めうにんげん

>そうさん

AI絵師に意見を書いてくれたってだけでそうではないですよー

めうカス

返信する

コメントを残す